AGA(男性型脱毛症)などの薄毛に悩む男性は近年、増加傾向にあります。AGAは放っておいても改善されることはなく日々進行していきます。薄毛が気になった時点でプロペシアの治療薬を使って育毛促進していくことがおすすめです。

AGAにはフィナステリド配合のプロぺシア

AGAは、男性の薄毛の大部分を占めている脱毛症ですが、基本的には生理的な現象に過ぎず寿命が短くなるようなことはありません。
このために、医療機関では治療の対象として取り扱われていなかったのですが、プロペシアという治療薬が開発されたために、現在では状況は大きく変化しています。

なお、プロペシアに配合されているフィナステリドという成分は、ノコギリヤシという天然ハーブをモデルとしてアメリカで開発された抗アンドロゲン薬です。
具体的な作用は、前立腺に存在しているII型5α-reductaseの活性を阻害するというもので、これによりこの還元酵素が生産に関与しているDHTという物質の生産が抑制されることになります。
DHTは、前立腺肥大を発症させる原因となっているので、フィナステリドを服用することで結果的にこの疾患を予防することになります。

この様な効果を認められたことにより、フィナステリドは1992年にアメリカで前立腺肥大症の治療薬として5mg錠で販売されることになります。
その後、身体への負担を軽減するために1mg容量での研究が進められるのですが、この際にAGAにおいての髪の毛の成長が明らかとなったために、1997年にこちらの治療薬として認可されることになります。
これが、プロペシアが誕生するまでの簡単な経緯です。

そして、日本でも1年間の臨床試験を行ったのちに、2005年の10月に厚生労働省から承認され、同年の12月に販売が開始されます。
ちなみに、臨床試験では被験者の58パーセントに軽度改善以上、98パーセントに不変以上の効果があったことが、医師による頭頂部の写真判定において確認されています。

一方、精液量の減少や勃起不全、射精障害などの性機能の低下も出現していますが、その頻度はプラセボ群と比較して有意な差は認められていません。
このために、効果と安全性の両方を兼ね備えているということで、プロペシアはAGAの内服療法の第一選択薬として使用されています。

プロぺシアの服用方法は毎日1錠を水と一緒に飲んでください。
プロペシアは食事による影響はないといわれているので食事前や食事後どちらでも問題ありません。
詳しい内容は外部サイトでも紹介されています。
プロペシアの使用方法

フィナステリドはミノキシジルとの併用もできる

プロペシアは、飲む育毛剤などと呼ばれていますが、髪の毛に対しての直接的な作用はないので、AGA以外の脱毛症に対しての効果は全くありません。
また、AGAに対しての効果も緩やかで、効き目を実感するまでにはある程度の期間が必要となります。
さらに、既に薄毛が発症してから長い期間が経過しているような場合は、効果を体感できないというケースも起こり得ます。

それでは、薄毛を早く改善したい人やプロペシアだけでは元通りに出来ない人はどのようにすれば良いかというと、ミノキシジルを配合した外用薬と併用するという方法が考案されています。
この成分は、1960年代にアメリカで降圧剤として使用されたのちに、脱毛症を回復させる効果が判明したために、1980年代から薄毛の外用治療薬として使われるようになったという経緯をたどっています。
ちなみに、ミノキシジルにより薄毛が何故改善されるのかは現在でも完全には解明されていませんが、毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化することで発毛が促進されると考えられています。
いずれにせよプロペシアとは作用するポイントが明確に異なるので、併用してもお互いを阻害することはありません。

このために、スピードアップを図りたいときや単体での回復が見込めないような場合は、プロペシアとミノキシジルを併用するという方法が有効です。
具体的には、プロペシアで脱毛症の進行をブロックしたうえでミノキシジルにより発毛を促進させるという内容で、短期間での急激な回復を実現することが可能です。
ただし、髪の毛が伸びるのは成長期であっても1か月に1cmほどのペースに過ぎないので、効き目を体感するまでには半年程度の期間は必要となります。