AGA(男性型脱毛症)などの薄毛に悩む男性は近年、増加傾向にあります。AGAは放っておいても改善されることはなく日々進行していきます。薄毛が気になった時点でプロペシアの治療薬を使って育毛促進していくことがおすすめです。

自宅で出来る頭皮マッサージのやり方

頭皮にある毛母細胞という細胞から生まれるのが髪の毛です。毛母細胞が死滅してしまうと、髪の毛が細くなってしまったり、生えてこなくなってしまします。
ハリ・コシのある髪の毛を手に入れたいのであれば、頭皮ケアをしっかりと行なうようにしましょう。
頭皮ケアにはいくつかの方法がありますが、自宅で簡単に行なうことが出来る方法として、頭皮マッサージがあります。

マッサージを行なうことにより、血行を良くし、頭皮の毛穴の汚れを取り除く効果を期待することが出来ます。
特にシャンプーを行う前に汚れを落とすことで、頭皮を健康な状態に保つことが出来るでしょう。

オイルクレンジングを使用することで、より高い効果を期待することが出来ます。
オイルクレンジングに使用するオイルは、オリーブオイルや椿油などでも良いですが、頭皮用のものもありますので、選び方が分からないという場合には頭皮用のものを選ぶようにしましょう。

マッサージの方法は、頭皮全体の血行を促すように、オイルを頭皮に馴染ませるようにして行います。
生え際から頭頂部、側頭部から頭頂部に向かって、少しずつ指を移動させていくようにします。
この時、爪を立ててしまうと、頭皮に負担がかかってしまいますので、爪は短く切り、指の腹の部分を使ってマッサージを行っていきましょう。
長時間行ったからと言って、効果が高まるというわけではありません。1回のマッサージは5分程度を目安に行なうようにします。

マッサージが終わった後は、蒸しタオルやキャップをかぶることで、汚れを浮かせ落としやすくなります。
その後は、ぬるま湯で髪の毛の汚れを落とし、血行をよくした状態で、これまでと同じようにシャンプーを行います。
しかし、しっかりと洗っているつもりであっても、髪の毛の生え際や側頭部は洗い残し、すすぎ残しが多いため、洗い残し・すすぎ残しが無いように他の部位よりも丁寧に意識して洗うようにすると良いでしょう。

マッサージは刺激が強すぎてもよくない

頭皮マッサージの目的は、汚れを落とし、血行を促進するということです。強い痛みを感じるほどの強さで行なうことは、間違った方法です。
心地良いと感じる程度の力加減で刺激をするようにしましょう。一度に長時間行なうよりも、短時間でも構わないので、継続して行なうという事が大切です。

意識的に力を入れていなくても、一生懸命マッサージを行っていると、ついつい力が入ってしまうということは考えられます。
そのため、意識して力を入れないようにしましょう。指の腹で刺激をしても、やり方によっては刺激が強すぎる場合もあります。頭皮は擦らないように注意をしましょう。

シャンプーを行った後は、タオルである程度水分を取り除いてからドライヤーを使用して髪の毛を乾かすようにします。
髪の毛が短いという人の中には、自然乾燥をしているという人もいるかもしれませんが、そのままでは頭皮や髪の毛に負担をかけてしまいます。
ドライヤーをで9割程度乾かし、その後自然乾燥をさせるようにしましょう。
ドライヤーを使用して完全に髪の毛を乾かしてしまうと、髪の毛に必要な水分までも失ってしまいますので、完全に乾くまでドライヤーを使用することは避けたほうが良いでしょう。

オイルクレンジングを行なうという場合、専用のオイルを使用しなかった場合には、1回のシャンプーで十分にオイルが落ちない可能性があります。
その場合には2回程オイル分を感じなくなる程度までシャンプーをしたほうが良いと言えます。
ただし、髪の毛が濡れている状態は髪の毛に大きな負担がかかっている状態ですので、長時間髪の毛が濡れている状態にしないようにしましょう。
オイルを落としたいからと言って、力強く洗うことも厳禁です。