AGA(男性型脱毛症)などの薄毛に悩む男性は近年、増加傾向にあります。AGAは放っておいても改善されることはなく日々進行していきます。薄毛が気になった時点でプロペシアの治療薬を使って育毛促進していくことがおすすめです。

女性のFAGAは男性よりも改善しやすい?

FAGAとは「女性男性型脱毛症」と呼ばれる、更年期の女性に多く見られる脱毛症です。
世の中年男性の多くが薄毛による悩みを抱えていますが、同じように女性の中にも髪のボリュームで悩んでいる人はたくさんいます。
しかし同じ「薄毛」でも女性と男性では脱毛のあらわれかたに違いがあり、またAGA(男性型脱毛症)に比べ女性のFAGAのほうが改善しやすいといわれています。

AGAの場合、頭頂部や生え際といった一部分から薄毛が進行しますが、FAGAによる脱毛症は頭頂部を中心に頭部全体が薄くなるという特徴があります。
またFAGAでは進行しても頭髪のすべてが抜け落ちるということはありません。発症する時期も男性が早ければ20代から発症するのに対し、FAGAは40~50歳代の更年期に発症することが多いという違いがあります。

発症する時期が更年期であることからもわかるように、FAGAの発症にはホルモンバランスが大きく関わっています。
私たちの体内には男性、女性共に「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の両方が存在しています。
脱毛症の原因となるのは「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンです。
ジヒドロテストステロンはもともと「テストステロン」という男性ホルモンなのですが、「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで「ジヒドロテストステロン」に変化します。
ジヒドロテストステロンは毛母細胞の細胞分裂を抑制するため、髪が細くなる、抜けるといった現象が起きるのです。

これは男女どちらでも起こるメカニズムです。しかし女性の場合、男性に比べてもともと体内に存在する男性ホルモンの量が少なく、逆に髪を成長させる女性ホルモンの「エストロゲン」が豊富にあります。
このことから男性に比べ脱毛症を発症しにくく、発症したとしても改善しやすいと考えられるのです。
そして更年期に発症することが多いのは、このエストロゲンの分泌が若いころに比べ減少しホルモンバランスが乱れてしまうためです。

紫外線対策は髪を守るには必要不可欠

このように薄毛の改善にはホルモンのバランスが非常に重要になります。女性にはもともと豊富にあったはずの女性ホルモンは、年を重ねるにつれ分泌量が次第に減少してしまいます。
しかし、ホルモンバランスを乱す原因は加齢だけではありません。生活習慣やストレスも大きな原因です。

女性ホルモンのエストロゲンは、脳の「視床下部」から指令を受け卵巣で作られます。
この視床下部は自律神経と深い関わりがあり、自律神経が乱れるとその影響を受け正しく指示が出せなくなってしまいます。
自律神経が乱れる原因が食生活や運動、睡眠といった生活習慣の乱れやストレスなのです。

また意外かもしれませんが、実は紫外線による影響もあります。頭皮が紫外線を浴びると、男性ホルモンのテストステロンが増殖することがわかっています。
テストステロンは先ほど説明したように脱毛につながるジヒドロテストステロンの元となるホルモンなわけですから、当然発毛に悪影響があるわけです。

紫外線による髪への影響はそれだけではありません。直射日光などの強い紫外線は髪を作る毛母細胞にダメージを与え、抜け毛の原因になります。
そして、今生えている髪にもダメージを与えます。
髪は主に「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質によってできています。ケラチンは18種類のアミノ酸によって構成されていますが、髪が紫外線を浴びるとこれらのアミノ酸が酸化し、結合力が弱まります。
アミノ酸の結合力の弱まった髪はちぎれやすく、弱く脆い髪になってしまうのです。

ホルモンバランスを整えるためには適度な運動やバランスのとれた食生活、ストレスをためないことなどが重要です。
また帽子などを利用して紫外線から髪と頭皮を守りましょう。