AGA(男性型脱毛症)などの薄毛に悩む男性は近年、増加傾向にあります。AGAは放っておいても改善されることはなく日々進行していきます。薄毛が気になった時点でプロペシアの治療薬を使って育毛促進していくことがおすすめです。

ミノキシジル配合のAGA治療薬リアップ

「リアップ」は日本で最も有名な育毛剤といっても過言ではないかもしれません。
そのリアップに配合されている有効成分「ミノキシジル」も、ほとんどの人が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ミノキシジルは、1970年代から高血圧患者の血圧を下げるために使用されてきました。
しかし、アメリカで多毛症の副作用が数多く報告され研究を進めた結果、育毛を目的とした外用薬(塗り薬)として使用されるようになりました。
その後日本でも厚生労働省の認可を受け、1999年には大正製薬から第1類医薬品のリアップが発売されます。発売以来人気を博し、今では知らない人がいないほどの存在となりました。

ミノキシジルは現在、AGA治療薬として医療機関でも使用されています。それほど効果が認められているわけですが、どうしてミノキシジルは発毛に効果があるのでしょうか。

ミノキシジルに血圧を低下させる効果があることは先に述べましたが、これはミノキシジルの「血管拡張作用」によるものです。
血管が広がると血液が流れやすくなるため血圧が下がるわけですが、同時に血行も促進されます。
血行が良くなることで髪を育てる元になる毛乳頭に栄養が届き、発毛にもつながるというわけです。しかし、実はこれだけではありません。

最近の研究でミノキシジルには、「成長因子」を増殖させる効果があることがわかってきました。
成長因子は、細胞の増殖を促すたんぱく質で「グロースファクター」とも呼ばれます。グロースファクターは私たちの体の中で作られますが、加齢とともに次第に作り出す量が減少していきます。
ミノキシジルは、このグロースファクターを増やすことで毛母細胞や髪に栄養を届ける血管の細胞を増殖させ、健康な髪を育てる手助けをしてくれるのです。
実際、臨床試験のデータでは、半年の使用で8割もの人に発毛が確認されています。

リアップシリーズは、このミノキシジルが国内製品で唯一配合されている商品です。「発毛剤」と謳っていることも頷けます。

ミノキシジルタブレットも効果が高い

ミノキシジルにはリアップのような外用薬のほかに内服薬(タブレット)も存在します。
ミノキシジルに限ったことではありませんが、一般的に同じ成分であっても外用薬よりも内服薬のほうが効果を得られやすいといえます。

ただ残念なことに、日本ではまだ内服薬はAGA治療薬としての認可が下りておらず、国内での製造はされていません。
海外製のミノキシジルタブレットを購入するには、インターネット通販で個人輸入するか、AGA治療を行っている医療機関で処方してもらうなどの方法があります。
しかし、AGA治療を行っているクリニックならどこでも処方してもらえるわけではないので注意しましょう。

そして、効果が高い医薬品であるからこそ、副作用のリスクも理解しておく必要があります。
もともと血圧を下げるための薬なので「低血圧」「めまい」「ふらつき」などのほか、「動悸」や「むくみ」といった副作用も報告されています。
低血圧な人や循環器系に問題がある人は使用を控えましょう。

これ以外にも、服用にはいくつか気を付けないといけないことがあります。まず、ミノキシジルタブレットには併用してはいけない薬があります。
鎮痛剤に含まれる「イブプロフェン」や「非ステロイド性抗炎症薬」、胃腸薬に含まれる「ヒスタミンH2受容体拮抗薬」など、血圧に影響がある薬との併用は危険ですので避けましょう。
また、アルコールと一緒に服用することも大変危険です。お酒を飲む時にはミノキシジルタブレットを服用しないようにしましょう。

ミノキシジルタブレットを育毛目的で服用する場合、1日2.5mg~10mgが適量とされています。1日1~2回、毎日規則正しく服用すると効果的です。

ミノキシジルタブレットはその効果の高さから人気がある薬ですが、副作用などの危険性があることを理解し、慎重に利用しましょう。