AGA(男性型脱毛症)などの薄毛に悩む男性は近年、増加傾向にあります。AGAは放っておいても改善されることはなく日々進行していきます。薄毛が気になった時点でプロペシアの治療薬を使って育毛促進していくことがおすすめです。

AGAになってしまうと、若い人でも毛が抜け落ちてしまい、そのまま生えてくることがなく薄毛になってしまいます。
このような薄毛の原因は様々ですが、若い人に多い薄毛の原因がAGAです。これは主たる要因が生活習慣などに起因しているのではなく、ホルモンが作用しているために起こるものです。
そのため、生活習慣を見直したり、シャンプーの方法を改善したりすることでは抜け毛を完全に食い止めることができません。
それどころか、どんどん進行してしまうので、歯止めがきかなくなってしまいます。そこで、AGAであると思われたならば、クリニックで見てもらいましょう。
AGA専門のクリニックは多くありますので、適切な治療をしてもらうことができます。

AGAをクリニックで治療する場合の費用とは

お金と電卓

AGAは、専門のAGAクリニックで治療をすることが、一番確実で安全な方法です。しかし、どれくらいの費用がかかるのかということは、あまり知られていません。
クリニックでの治療方法は一通りではありません。ですから、当然治療方法によっても費用が変わってきます。
ここでは、4つの方法について紹介します。それは、育毛剤、AGA治療薬、成分注入法、HARG療法です。

育毛剤
まずは、育毛剤について考えてみましょう。これは、育毛クリニックに通わなくても、薄毛の治療としては個人でもやることでしょう。
育毛剤はドラッグストアなどで購入することもできます。しかし、これらは極力副作用が出ないように製造されているため、効果が薄く、確実に髪が生えてくるとは言えません。
それに対して、クリニックで処方される育毛剤は医師の判断によって処方されるので強力な成分が配合されており、効果を期待することができます。
では、費用はどれくらいかかるのでしょうか。一般的な治療費は、一か月あたり1万5千程となっています。
市販の育毛剤は一本が1万円を超えることはなく、大体2か月程度は使用することができますので、割高になります。
しかし、それだけ即効性のある成分が配合されていると言うことです。
AGA治療薬
次に、治療薬についてです。これを目的に育毛クリニックに通う人は多いでしょう。
AGAに効果があるのはなんといっても治療薬です。医師の診断のもと処方されますので、安心して服用をすることができます。
この治療薬の価格ですが、治療薬の種類にもよりますが、およそ1万円前後となっています。代表的な薬にはプロペシアがあります。
成分注入法
最近では育毛剤やAGA治療薬以外の施術も行われており、そのうちの一つが成分注入法というものです。
これは、発毛や育毛のための成分を頭皮に塗るのではなく、直接注入するものです。
針やレーザーで直接頭皮の中に注入しますので、成分が直接細胞にわたることができます。
これは、かなり高価なもので、安くても一回2万円します。針を使用して注入する方法だと、5万円以上もかかることもあります。
そのため、この施術は一般向けとは言えないでしょう。
HARG療法
最後に紹介するのは、HARG療法というものです。これも直接頭皮に成分を注入するもので、この施術では成長因子を注入します。
このような直接頭皮に注入する施術は高額です。この施術も一回15万円とかなり高額ですので、一般的には手を出すことができない方法でしょう。

以上のことから、直接頭皮に成分を注入する施術は、即効性があり効果が良く出るとも言われていますが、とても高額で手を出せないため、基本的にクリニックで受けることは、治療薬を貰うことでしょう。
これならば、どれだけ治療費が多くかかっても数万円程度で済みます。
ただし、これでも多くの負担を強いられることになりますので、クリニックでの治療は割高になると考えていいでしょう。

AGAなどの薄毛治療には保険が適用されない?

被保険者証

AGAであると思われながら、なぜクリニックに通わずに、自力で治そうとするのでしょうか。
それは、クリニックでの治療代が非常に高額であるからです。治療費は内容によって大きく変わりますが、どれだけ安く抑えても、一か月に1万5千円程はかかってしまいます。

なぜこれほど治療費が高額になってしまうのかというと、AGAの治療費な健康保険が適用外となっているからです。
一般的な病気でクリニックに通うと、通常は健康保険が適用されて、負担は3割ほどになるため、治療費が高いという印象は受けません。
しかし、AGA治療費は、健康保険が適用外であるため、全額を負担しなければいけないのです。

そこで、健康保険が適用外であるAGA治療費をどのようにして抑えたらいいのでしょうか。これは、クリニックで通うにしても、高額な治療方法は選択しないことです。
頭皮に成分を注入するような施術では、一回だけでもとても高額な治療費がかかってしまいます。このような治療費を毎回払っていては生活が圧迫されかねません。

また、AGA治療全般に言えることですが、絶対に効果が出るというものではありません。
不確実性が伴うものに無理をして費用をかけるということはもったいないことです。はじめから治療費の上限を医師に申し出るようにしましょう。
ほとんどのクリニックでは大丈夫でしょうが、中には悪徳クリニックがあり、治療費を多くかけさせようと、色々な高額な治療薬を処方するところもあります。治療費の上限を定めることは重要なのです。

AGAクリニックを探す時のポイント

治療費が安くて評判が良いクリニックを探すことも治療費を抑える秘訣です。
治療費には健康保険が適用外なので、全てのクリニックで治療費が高額になっているのですが、保険が適用外であっても、クリニックによって治療費は異なります。
そこで、少しでも治療費が安いクリニックを探すと治療費を抑えることができます。安いクリニックの探し方は、最寄りのクリニックでホームページを検索してみることです。
ホームページには治療費が掲載されていて、治療薬ごとの料金を見ることができます。くまなく見ていると、だいたいの相場はあるものの、クリニックによって治療費が違うことが分かるでしょう。
これによって、近隣のクリニックで一番治療費が安いクリニックを選択することができます。

ただし、ただ治療費が安いという理由だけでクリニックを選択してはいけません。
AGAの治療でクリニックに通うメリットは、治療薬を処方してもらうことではありません。プロの目によって診察してもらうことです。
そのため、AGAについて知識が豊富な先生に診てもらえるならば、例え他のクリニックより高額であっても、各個人に適切な治療方法を与えてくれます。
逆に、AGAについて知識が乏しい先生ならば、皆同じ治療薬を処方するだけになってしまいます。

クリニック情報

東京で評判が高いAGA治療を行うクリニックに【新橋ファーストクリニック】があります。
経験豊富な医師がいるクリニックで評判も高いといわれています。

AGA治療 | 新橋ファーストクリニック

AGA治療薬はクリニックへ行かなくても通販で買える

通販を利用する男性

AGA治療薬は、それほど安いものではなく、病院で処方してもらうと、安くても月1万円は確実にかかります。
AGAはすぐに治るものではない為、毎月AGAの治療に費やすことになり生活が圧迫されかねません。
そこで、病院で処方してもらうのではなく、通販で購入することもできます。

AGA治療薬は、ドラッグストアでは購入することができません。また、通常の通販でも購入することはできません。購入する方法は、個人輸入ということになります。
AGA治療薬は海外製なのですが、個人輸入をすることによって手に入れることができます。ここで、個人輸入という言葉を聞いて、少し面倒な感じを受けるかもしれません。
しかし、個人輸入と言っても、個人輸入代行の業者がいますので、各自で輸入をしなければいけないということはありません。
個人輸入代行のサイトを利用することで、通常の通販のように購入することができます。

では、個人輸入の通販を利用することのメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。それは、一般的な通販と同じように、格安で手に入れることができるということです。
ほとんどのショッピングサイトでは、キャンペーンなどが行われています。それは、個人輸入のサイトでも同じです。
例えば、複数購入することで、大幅に割引が発生したり、付属の商品もサービスで付けてくれたりということがあります。治療薬の購入代を大幅に節約することができます。
これは、クリニックでの治療薬の半分ほどになることもありますので、とても割安に治療を行うことができるのです。

AGA治療薬を通販するデメリットとは

では、逆に、AGA治療薬を通販で購入することによるデメリットはあるのでしょうか。費用面では有利な通販ですが、肝心の効果については何も保証されていないことには注意しなければいけません。
通販での格安治療薬は、正規品でないことがあり、また、その仕入れ先が不明なことがあります。ですから、本当に効果がある治療薬なのかどうかは素人の購入者では知る由がありません。
これについては自己責任になりますので、例え副作用が出たとしても自費で病院に行って診断してもらうしかありません。

このように、AGA治療薬は通販で購入すると、格安で購入することができます。しかし、治療薬の効用を正しく理解していないと、例え治療薬を服用していても効果が出ないことがあります。
まずはクリニックで診断してもらい、最初はクリニックで治療薬を処方してもらうといいでしょう。何回か通うことで、自分に適切な治療薬はどのようなものかを理解することができます。
それによって効果が出ていると実感した場合には、クリニックに通うことはやめて、通販で同じ治療薬を購入すると同じような効果を出すことができます。
この方法は、治療に向けて一応正しいアプローチをすることができていますので、通販のデメリットを相殺することができるでしょう。

AGA治療を始めるならできるだけ早い段階で

AGAにかかってしまうと、自分でも気づかないうちにどんどん進行してしまいます。
これがAGAなのかどうかは素人にはなかなか分からないことでしょう。ただ抜け毛が多く感じられても、それが一時的なものである可能性もあります。
例えば、季節によって抜け毛が多くなるときもあります。また、ストレスで一時的に抜け毛が多くなることもあります。
この場合は、AGAではなく、ストレスの原因を解消し、精神を整えることが重要です。さらに、実際は気にすることはないのに、必要以上に気にしてしまうことがあります。
通常は一日に100本ほど髪が抜けるものですが、あまりにも抜け毛に敏感なため、自分の薄毛が始まっていると感じてしまうこともあります。
つまり、AGAは自分だけでは判断できないことがありますので、クリニックで診断してもらうことをおすすめします。

必要以上に抜け毛に敏感にならないことは重要ですが、AGAを放置していてはいけません。AGAだと分かっていながら、放置してしまうと、薄毛が進行して治療が難しくなる可能性もあります。
薄毛の段階が初期であるほど治療は簡単に済む可能性があります。それは、まだ細胞が死んでいなくて、弱っているだけなので、これを活性化させることで薄毛が治るからです。
しかし、AGAを放置して完全に進行してしまうと、薄毛の部分も多くなりますし、細胞も死んでしまっている可能性もありますので、治療が難しくなってしまいます。
ですから、放置することなくできるだけ早い段階で治療を施し、進行を食い止めることが必要なのです。

AGAだと分かったならば、放置することなくできるだけ早い段階で治療補施して食い止めることが良いのですが、これもやはりクリニックで見てもらう方が良いでしょう。
それは、間違った治療法をしていても食い止めるどころか進行してしまうからです。食い止めるには適切な治療法を施さなければいけないのですが、多くの人が間違った治療法をしてしまいがちです。
今はインターネットで色々調べることができる時代で、薄毛の治療法を検索しても簡単に情報を得ることができます。
ここで、これらの治療法は、確かに効果があったから掲載されているわけですが、万人にとって有効な治療法というものは存在しません。
確かにいくつかの治療薬を服用してみるといずれ効果が出る治療薬に巡り会うことができるでしょうが、治療薬は少なからず体に負担がかかります。
これらを含めて服用しなければいけないので、個人の判断による服用は危険が伴います。まずは医師の診断により、処方してもらうことが最善の策なのです。

つまり、AGAであると疑われるならば、悩むことなく、クリニックに行かなければいけません。
今の段階では簡単に治るはずのものでも、気にしながら放置しておくと治療薬を服用しても治らない段階にまで進行してしまうからです。